−−−−−−《保育所は》−−−−−−  

家族で子どもを保育できない家庭にかわって保育するところです。0歳から小学校入学まで、年齢と個々の発達に応じて、適正な乳幼児保育をします。

《保育所での生活は》
 

保育の計画は、国の保育指針に基づいて、きめ細かく立てています。経験豊かな先生が、子どもたちの安全に気を配り、一人ひとりの個性を大切にしながら楽しい保育をしています。


保育時間は、一日八時間です。朝早い仕事や夕方遅くまでの仕事をされている人は、保育所にご相談ください。
おいしい給食もあります。0歳から二歳までは完全給食(発達段階に応じて内容が異なります)、三歳から六歳までは昼のおかずと午後のおやつです。献立は、保健所の指導のもと市内の全許可保育所で統一されています。
《入所できるのは》
八代市内に在住していること
父母、祖父母(同居の六十歳まで)が常時昼間働いているとき
母親が出産の前後で子どもを家庭で保有できないとき
家庭が病気または身体の障害で常時看護が必要なとき
災害に遭い、その復旧にあたっているとき

このように、保護者、同居の親族およびその他の人が入所希望の子どもを保有できないと認められたときです。

《情報提供について》

福祉課窓口で「保育所の名称、位置および設置者に関する事項」「保育所の施設および設備の状況に関する事項」「保育所の運営の状況に関する事項」などについての情報を認可保育所一覧簿で提供していますのでご利用ください。
また、各認可保育所でも個々の情報の提供を行っています。